2017年03月29日

「記録の巨人」大鵬の45連勝ストップの「世紀の大誤審」と科学の導入

大相撲で優勝32回を誇り、白鵬に記録を塗り替えられるまで、長らく優勝回数の記録保持者だった大鵬幸喜・・・
 
優勝回数の記録は塗り替えられましたが、新入幕の年から引退の年まで毎年優勝するという記録は、並ぶことさえ難しい記録といわれています・・・
 
「記録の巨人」大鵬は、多くの記録を残しましたが、連勝記録は45・・・
 
自身の最多連勝(45)がストップしたのは、ビデオ判定を勝負判定の参考にするきっかけとなった一番の「世紀の大誤審」によるもの・・・
 
以後、ビデオ判定を勝負判定の参考にするようになり、双葉山の69連勝でストップとはまた違った「エポックメイキング」な「事件」でした・・・
 
「科学」(ビデオ判定)を導入するきっかけとなった事件でしたね・・・
 
大鵬は、人気もあり、子供たちが好きなものを並べた「巨人・大鵬・玉子焼き」でも知られましたね・・・
 
 
大鵬については、「大鵬幸喜」「大鵬幸喜を知るおすすめ作品」をご覧ください・・・
posted by sumo-room at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック