2017年03月24日

大相撲春場所11日目、稀勢の里が11連勝!

22日に、大相撲の春場所11日目は、全勝の新横綱・稀勢の里は、ヒヤリとさせた場面もありましたが、この日も平幕の嘉風に勝ち、全勝を守りましたが、同部屋の同じく全勝だった関脇・高安が、横綱の鶴竜に敗れ、1敗に後退・・・
 
1敗だった大関・照ノ富士と平幕・栃煌山は、この日も勝ちました・・・
 
この結果、全勝で稀勢の里が単独トップ、1敗で追うのは、1敗に後退した高安と照ノ富士、栃煌山という展開に・・・
 
新横綱での優勝は、1場所15日制が定着した昭和24年(1949年)以降、大鵬、隆の里(稀勢の里の先代師匠)、貴乃花だけで、さらに全勝優勝となると、隆の里だけです・・・
 
この調子だと、稀勢の里の新横綱での優勝や全勝優勝も「可能性」がありますね・・・
 
稀勢の里は、先場所からの連勝を自己新の17連勝としました・・・
posted by sumo-room at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック