2017年03月08日

「大阪(春場所)には、縁がある」と新横綱・稀勢の里!

7日に、12日が初日の大相撲春場所前夜祭が行われ、新横綱・稀勢の里らが出席しました・・・

新横綱・稀勢の里は、「初土俵が大阪(春場所)。新十両を決めたのも大阪で、新関脇も大阪・・・」と春場所に、何かの「縁」を感じており、「一生懸命にやるだけです」と「意欲的」なコメント・・・

1場所15日制が定着した昭和24年(1949年)以降で、新横綱での優勝は、大鵬、隆の里(稀勢の里の先代の師匠)、貴乃花の3人しか達成していません・・・

さらに、新横綱での全勝優勝となると、稀勢の里の先代の師匠の隆の里(現役引退後は、当時の鳴門親方)以来となります・・・
posted by sumo-room at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック