2017年02月06日

第41回日本大相撲トーナメントは新横綱・稀勢の里が初優勝!

5日に、大相撲の第41回日本大相撲トーナメントが行われ、日本出身では19年ぶりの新横綱・稀勢の里が、相撲の聖地である両国国技館で横綱土俵入りを披露し、さらに「本番」のトーナメントでも初優勝・・・

国技館で、日本出身の横綱が土俵入りを行うのは、平成15年(2003年)初場所を最後に現役を引退した貴乃花(現・貴乃花親方)が同年6月1日の引退相撲以来の4998日ぶり・・・
(本場所では、貴乃花の現役引退以来、本場所以外では貴乃花の引退相撲以来)

稀勢の里は、2回戦から登場し、宝富士(2回戦)、勢(3回戦)、臥牙丸(準々決勝)、玉鷲(準決勝)、貴ノ岩(決勝)と勝ち、そのまま優勝・・・

横綱の白鵬、鶴竜が2回戦で早々と敗れる中、見事な優勝・・・

新横綱として幸先のよい好発進・・・


日本大相撲トーナメント最近15年の優勝・・・
27 平成15(2003) 武双山
28 平成16(2004) 朝青龍
29 平成17(2005) 白鵬
30 平成18(2006) 朝青龍
31 平成19(2007) 朝青龍
32 平成20(2008) 朝青龍
33 平成21(2009) 白鵬
34 平成22(2010) 豪栄道
35 平成23(2011) 中止
36 平成24(2012) 白鵬
37 平成25(2013) 鶴竜
38 平成26(2014) 碧山
39 平成27(2015) 日馬富士
40 平成28(2016) 白鵬
41 平成29(2017) 稀勢の里
(注)
貴乃花は2代目
posted by sumo-room at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446706826
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック