2017年01月26日

第72代横綱・稀勢の里誕生!

25日に、日本相撲協会は、臨時理事会(と番付編成会議)で、大相撲の大関・稀勢の里の横綱昇進を正式に決めました・・・

第72代横綱が正式に誕生で、日本出身の横綱は平成10年(1998年)夏場所後に昇進した3代目若乃花以来19年ぶり・・・

注目の口上は・・・横綱伝昇進達式で先人の思いを込めたシンプルな口上に・・・
(「四字熟語」などを使わない普通っぽいシンプルな口上も個人的には、好感が持てました)

私は、稀勢の里らしい口上と感じたのと同時に先人の思いも込められた口上だったなあと感じました・・・
(偶然だったのかもしれませんが、ある種の「運命」も感じました)

先人の思いとは、初代若乃花(隆の里の師匠・土俵の鬼)・大鵬(昭和の大横綱・32回優勝)・隆の里(稀勢の里の入門時の師匠・おしん横綱)の口上の言葉が稀勢の里の口上に・・・

稀勢の里の口上は・・・
横綱の名に恥じぬよう精進いたします

初代若乃花
「横綱としてずかしくない相撲を」
大鵬
「横綱の名を汚さぬよう、心技とも精進
隆の里
「栄誉ある横綱を汚さぬよう努力精進

最近の横綱(貴乃花以後)の伝達式での口上と土俵入りの型・・・
貴乃花 不惜身命 雲竜
若乃花 堅忍不抜 不知火
武蔵丸 横綱の名を汚さぬよう、心・技・体に精進します 雲竜
朝青龍 一生懸命 雲竜
白鵬 精神一到 不知火
日馬富士 全身全霊 不知火
鶴竜 一生懸命 雲竜
稀勢の里 横綱の名に恥じぬよう精進いたします 雲竜
(注)
若乃花は3代目
貴乃花以後はシンプルな言葉(例・一生懸命)も含め意識的に「四字熟語」が多用
四字熟語が使われた場合は四字熟語を記載

貴乃花より前の主な横綱の口上と土俵入りの型(柏戸以後)・・・
柏戸 ありがとうございます 一生懸命やります 雲竜
大鵬 今後とも横綱の名を汚さぬよう、心技ともに精進します 雲竜
北の湖 名誉ある地位を汚さぬよう、努力いたします 雲竜
千代の富士 今後は横綱の名を汚さぬよう一生懸命がんばります 雲竜
(注)
貴乃花より前は、自然な形で「四字熟語」を使用(例・一生懸命)
柏戸と大鵬は同時昇進だが、柏戸は第47代横綱、大鵬が第48代横綱

ちなみに、稀勢の里の横綱土俵入りは「雲竜型」ですが、稀勢の里の二所ノ関一門の過去の横綱土俵入りの型は・・・

二所ノ関一門の横綱の型・・・
雲竜
初代若乃花、大鵬、輪島、2代目若乃花、大乃国、貴乃花 、稀勢の里
不知火
玉の海、琴櫻、隆の里、3代目若乃花
posted by sumo-room at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446336724
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック