2017年01月23日

大相撲初場所は稀勢の里が14勝1敗で初優勝!

22日に、大相撲の初場所千秋楽が行われ、すでに前日優勝を決めた大関・稀勢の里が結びの一番で横綱・白鵬に勝ち、14勝1敗で優勝に花を添えました・・・

優勝が決まっているとはいえ、千秋楽で白鵬に勝って場所を終わってほしかったので、勝ったのはよかったと思います・・・
場所後の横綱昇進も、日本出身の横綱では、平成10年(1998年)夏場所後に昇進した若乃花(3代目)以来19年ぶりとなることはほぼ確実・・・

若乃花(3代目)以降の横綱・・・
66 若乃花勝  東京都(日本) 5
67 武蔵丸光洋  ハワイ(アメリカ) 12
68 朝青龍明徳  モンゴル 25
69 白鵬翔  モンゴル 37
70 日馬富士公平  モンゴル 8
71 鶴竜力三郎  モンゴル 3
(注)
左から代、四股名、出身、優勝回数
平成29年(2017年)1月22日現在
・参考
稀勢の里 茨城県(日本) 1
(注)
左から四股名、出身、優勝回数
23日の横綱審議委員会、25日の臨時理事会を経て横綱昇進が正式決定となるが、もし稀勢の里が横綱となれば、第72代横綱となる
平成29年(2017年)1月22日現在

優勝
稀勢の里寛(初)

三賞
殊勲賞 貴ノ岩義司(初)
敢闘賞 高安晃(4)
技能賞 御嶽海久司(初)・蒼国来栄吉(初)   


優勝力士(優勝相当を含む)については、優勝力士一覧を、三賞力士については三賞力士一覧をご覧ください
posted by sumo-room at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446237897
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック