2017年01月23日

大相撲初場所13日目、稀勢の里がトップ!

20日に、大相撲初場所13日目が行われ、大関・稀勢の里が、豪栄道のケガによる不戦勝のため、勝って単独トップの1敗を守りました・・・

稀勢の里が不戦勝の勝ち名乗りを受けるとき、不戦勝で相撲を取らずに勝ったのに、場内から大歓声が・・・
稀勢の里への横綱昇進への「期待」「気運」「渇望」からかもしれません・・・
それだけ「期待」されているということかもしれません・・・
「13勝なら議論(横綱昇進の)になるかも」との意見も・・・
横綱昇進の気運も高まっているようです・・・
(一方では「横綱昇進」には「慎重」な意見も・・・)

最近の横綱昇進前2場所の成績・・・
貴乃花 2場所前・15勝0敗(優勝) 直前場所・15勝0敗(優勝)
若乃花 2場所前・14勝1敗(優勝) 直前場所・12勝3敗(優勝)
武蔵丸 2場所前・13勝2敗(優勝) 直前場所・13勝2敗(優勝)
朝青龍 2場所前・14勝1敗(優勝) 直前場所・14勝1敗(優勝)
白鵬 2場所前・13勝2敗(優勝) 直前場所・15勝0敗(優勝)
日馬富士 2場所前・15勝0敗(優勝) 直前場所・15勝0敗(優勝)
鶴竜 2場所前・14勝1敗 直前場所・14勝1敗(優勝)
・参考(稀勢の里の最近2場所の成績)
稀勢の里 2場所前・12勝3敗 直前場所・?
(注)若乃花は3代目

2敗では、横綱・白鵬は勝って2敗を守りましたが、同じく2敗だった平幕の貴ノ岩、逸ノ城が敗れ、3敗に後退・・・
この結果、1敗で稀勢の里が単独トップ、2敗で白鵬が追う展開に・・・

きょう14日目以降の白鵬、稀勢の里の対戦予定は・・・
稀勢の里
14日目・逸ノ城 千秋楽・白鵬
白鵬
14日目・貴ノ岩 千秋楽・稀勢の里
(注)14日目は確定

もし、きょう14日目に、稀勢の里が勝ち、白鵬が敗れれば稀勢の里の初優勝も・・・
14日目以降も注目ですね・・

十両で、宇良が幻の奇手・たすき反りを決めました・・・
日本相撲協会が昭和30年(1955年)夏場所から決まり手を発表して以降、十両以上ではたすき反りは初
決まり手発表以前では、十両以上では昭和27年(1952年)春場所に常の山が大内山に決めた例あり

たすき反り・・・相手の後ろに反って倒す珍技
posted by sumo-room at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446237685
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック