2017年01月19日

大相撲初場所11日目、稀勢の里が単独トップを死守!

18日に、大相撲初場所11日目が行われ、大関・稀勢の里が勝ち、1敗で単独トップを守りました・・・

もし、稀勢の里が優勝なら横綱昇進も「再燃」・・・
横綱昇進の条件は「2場所連続優勝もしくはそれに準ずる成績」とあり、先場所(平成28年九州場所)は12勝で「それに準ずる成績」の優勝した鶴竜に次ぐ優勝次点であったことから・・・
一方で横綱昇進には「慎重」な意見も・・・
はたしてどうなるか!?
(いずれにしても稀勢の里が優勝すれば)
千秋楽は、「割り」を崩して「大一番」の白鵬戦となりそうです・・・

白鵬も勝ち、2敗を守りました・・・

この日は、2敗までの力士が全員勝ち、1敗で稀勢の里が単独トップ、2敗で白鵬、貴ノ岩、蒼国来、逸ノ城が追う展開は変わらず…


横綱・鶴竜が不戦敗で休場へ・・・

鶴竜の相手・琴奨菊が不戦勝・・・

この結果、大関・陥落のピンチの琴奨菊が「崖っぷち」の7敗で踏みとどまり、4勝目・・・
琴奨菊に「あと」はありませんし、「厳しい」状況はかわりませんが、今日は陥落「回避」へ・・・
posted by sumo-room at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446084606
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック