2015年06月11日

大相撲と糖尿病2

大相撲では、身体を大きくする(太る)ことも大切な「仕事」といわれます。

太りにくかった大関・貴ノ花や若嶋津などがこのことで大変苦労したようです。

大相撲などでは、身体を大きく(太る)ため、大食などになりがちです。

「(たくさん)食べること」も「仕事」のひとつなわけですね。

生活習慣病の一つといわれる糖尿病は「食べること」つまり「食生活」などとも深く関わります。

大相撲と糖尿病の関係はかなり深いといえます。

一般によく知られているだけで、糖尿病だった大相撲力士には、照国、常陸山、柏戸(剛)、隆の里などがいます。

実際には、もっと多くの糖尿病患者がいるでしょう。

元大関の魁傑や若秩父なども糖尿病だったといわれています。


糖尿病は現代医学では完治しないといわれますが、私は独自の方法で糖尿病を完治させました。

糖尿病を完治させた経緯についてはコンテンツ「奇跡の完治」を、完治の方法をまとめたレポート「奇跡の完治」の申し込み、レポートの入手方法については「レポート奇跡の完治ー申し込み」をご覧ください。

(この記事は、サイト「メインウェーブ」の記事「大相撲と糖尿病2」をそのまま転載したものです)
posted by sumo-room at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/420495006
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック