2014年01月27日

大相撲の三賞とは・・・

三賞とは・・・
殊勲賞・敢闘賞・技能賞

(条件)
・関脇以下の幕内力士
・勝ち越し力士

(私の考える各三賞)
殊勲賞 
優勝力士に勝ったり、横綱・大関に多く勝った力士

敢闘賞
優勝や優勝に近い成績を挙げた力士
敢闘精神あふれる力士

技能賞
技能に優れた力士
posted by sumo-room at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | 更新情報をチェックする

大相撲初場所の三賞が発表

大相撲初場所の三賞が発表されました。

殊勲賞 該当者なし
敢闘賞 遠藤(初)
技能賞 該当者なし

敢闘賞の遠藤は、千秋楽も勝つと技能賞とのW受賞でしたが、敗れたため、敢闘賞のみとなりました。

技能賞は、技能に優れた関脇以下の勝ち越し力士が受賞するので、勝ち越しさえすれば成績にはあまり関係はないと思います。
posted by sumo-room at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | 更新情報をチェックする

2014年01月26日

大相撲初場所、白鵬が決定戦を制し、28回目の優勝

26日に、大相撲初場所千秋楽が行われました。

全勝の白鵬に1敗の鶴竜が勝ち、優勝決定戦に持ち込みましたが、優勝決定戦で白鵬が勝ち、28回目の優勝をしました。

28回の優勝は、優勝制度制定後、大鵬(32)、千代の富士(31)に続く史上3位の記録です。

優勝制度制定以前の優勝相当も含めると、大鵬、千代の富士に続き、雷電・為(28)と並び史上3位タイです。

白鵬より優勝回数の多い大鵬、千代の富士のうち、大鵬については、サイト「メインウェーブ」の「大鵬幸喜」「大鵬幸喜を知るおすすめ作品」で詳しく扱っています。

千代の富士は、「小さな大横綱」といわれる晩成型の大横綱で、優勝31回のほかに、53連勝を記録しています。

白鵬が回数(優勝と優勝相当の違いはあるが)で並んだ雷電・為(雷電為右エ門)は、江戸時代の無敵大関で、史上最強力士ともいわれています。

雷電・為については、サイト「メインウェーブ」の「雷電為右エ門」「雷電為右エ門を知るおすすめ作品」で詳しく取り扱っています。


鶴竜は、優勝決定戦で敗れましたが、成績は優勝と同じ14勝1敗で、来場所(春場所)は「綱とり」となりそうです。

稀勢の里は、今場所は「綱とり」の場所でしたが、きょうはケガで休場し、不戦敗・・・

7勝8敗と負け越し、来場所は、今場所の「綱とり」から一転し、カド番に追い込まれます。


注目の遠藤はこの日は敗れ、11勝4敗でした。
posted by sumo-room at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | 更新情報をチェックする

大相撲初場所14日目、全勝の白鵬と1敗の鶴竜の優勝争い、遠藤は11勝目

25日に、大相撲初場所14日目が行われました。

全勝の白鵬はこの日も勝ち14連勝、1敗で追う鶴竜も勝ち、13勝1敗・・・

優勝争いは、きょう26日の千秋楽での結果次第となりました。


注目の遠藤は、この日も勝ち、11勝3敗・・・

三賞が確実になってきましたね。

さらに千秋楽も勝ち、今場所の勝利を積み重ねるかはもちろん、上位と当たる来場所での遠藤にも注目ですね。
posted by sumo-room at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | 更新情報をチェックする

2014年01月25日

大相撲初場所13日目、遠藤が元大関・琴欧洲に勝利し2桁勝利に、白鵬は13連勝

24日に、大相撲初場所13日目が行われました。

注目の遠藤は、元大関で、欧州出身では初の優勝をしたこともある関脇の琴欧洲に勝ち、10勝3敗と勝ち星を2桁勝利にのせました。

この勝利で、三賞も有力となりましたね。

琴欧洲は、この敗戦で7勝6敗とし、大関復活の条件の10勝以上をクリアできませんでした。


全勝の白鵬はこの日も勝ち3連勝で、1敗で追う鶴竜も勝ち12勝1敗で、優勝争いはこの2人に絞られました。
posted by sumo-room at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | 更新情報をチェックする

2014年01月24日

大相撲初場所12日目、遠藤が大関初挑戦も完敗、白鵬は12連勝

23日に、大相撲初場所12日目が行われました。

注目の遠藤が大関に初挑戦しましたが、完敗でしたね。

遠藤はこれで9勝3敗です。

対戦相手の琴奨菊は、大関の意地を見せましたね。

全勝でトップの白鵬はこの日も勝ち、12連勝です。

posted by sumo-room at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | 更新情報をチェックする

2014年01月23日

大相撲初場所11日目、遠藤が9勝目で12日目に大関初挑戦、白鵬は11連勝

22日に、大相撲初場所11日目が行われました。

注目の遠藤はこの日も勝ち、9勝1敗と、2桁勝利以上に王手としました。

きょう12日目には、自身初の大関(琴奨菊)戦です。

デビュー6場所目の大関挑戦は、長岡(後の大関・朝潮)と並ぶ史上2位の最速記録です。

ちなみに史上1位は、雅山の5場所です。

これからも遠藤には注目ですね。


全勝でトップの白鵬は、この日も勝ち、11連勝です。


今場所の最大の注目は、綱とりを目指す稀勢の里でしたが、この日までに4敗をし、綱とりが消滅しています。

先場所(九州場所)優勝の日馬富士が休場で、白鵬が単独トップ・・・

白鵬の優勝が濃厚となってきましたが、遠藤には場所を盛り上げてほしいですね。

遠藤には、大きな期待をします。

posted by sumo-room at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | 更新情報をチェックする

2014年01月22日

大相撲初場所10日目、白鵬が10連勝、注目の遠藤が勝ち越し

21日に、大相撲初場所10日目が行われました。

横綱昇進が消滅した稀勢の里は、昨日の9日目も敗れ4敗となりましたが、この日は勝ち、6勝4敗です。

全勝で単独トップの白鵬は、この日も勝ち、10連勝です。

自身の大関時代からの42場所連続2桁勝利記録を更新しました。

ちなみに、横綱としては、39場所連続2桁勝利で、こちらも記録です。

勝ち続けるのは、すごいですね。


注目の遠藤はこの日も勝ち、8勝2敗で勝ち越しました。

どこまで勝利を積み重ねるか注目ですね。
posted by sumo-room at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | 更新情報をチェックする

2014年01月20日

大相撲初場所8日目、綱とりを目指す稀勢の里が敗れ3敗目で今場所後の横綱昇進消滅

19日に、大相撲初場所8日目(中日)が行われました。

綱とりを目指す稀勢の里が敗れ、3敗目で、今場所後の横綱昇進が消滅しました。


全勝でトップの白鵬はこの日も勝ち、勝ち越しを決めました。

なお、注目の遠藤は、この日は同じ新鋭の大砂嵐に敗れ、7連勝はならず、6勝2敗です。
posted by sumo-room at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | 更新情報をチェックする

2014年01月17日

琴欧洲と時天空が「帰化」

16日に、大相撲の琴欧洲と時天空が日本国籍を取得(帰化)したことがわかりました。

7日付の官報で告示されました。

琴欧洲は、欧州出身力士では初で、夫人の旧姓「安藤」を名乗るようです。

琴欧洲は、現役引退後は親方として相撲協会に残る資格を得ました。

時天空は、年寄名跡取得に動いています。
posted by sumo-room at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | 更新情報をチェックする